TEL

LINE

MAIL

買取キッド | 最短!即日買取を実現

買取キッド

iTunesコードとAppleGiftコードどう違いがあるのか

コンビニエンスストアや家電量販店で一度はiTunesギフトコードやAppleGiftコードを見たことがある方はいらっしゃるのではないでしょうか。従来ではiTunesギフトコードやApple storeギフトコードとして販売されていましたが、現在ではAppleGiftコードとして新しく販売されています。

そんなAppleGiftコードとiTunesコードでは何が変わったのかこれから利用するにあたって気になる点ではあるかと思います。それぞれの特徴や違いについて詳しく解説していきたいと思います。

iTunesコードとAppleGiftコードのそれぞれの特徴

iTunesギフトコードの特徴

iTunesコードは、正式名所「App Store&iTunesギフトカード」といいApp Storeの有料アプリ・ゲームへの課金・音楽や映画・iCloudのストレージの購入に利用できるギフトカードになります。基本的にギフト券には有効期限が設けられていますが、iTunesギフトコードには有効期限がありません。

iTunesコードは、固定タイプとバリアブルタイプの二種類で展開されており販売元によって金額が異なります。購入可能最大金額は5万円までとなっています。

AppleGiftコードの特徴

AppleGiftコードは、iTunesギフトコードとApple Storeギフトコードを一つにしたギフトコードになります。従来では、購入商品によって利用できるギフトコードが異なっていたので、用途によって使い分ける必要がありましたが、アップルが販売するアクセサリや商品、アプリ内の購入を含め全てAppleGiftコード一つで利用できるようになりました。

また、自分で金額を指定することのできるバリアブルカードがあり、メールタイプのものであれば上限金額は最大50万円まで可能となったので、高額商品の購入時にも利用することができます。

iTunesコードとAppleGiftコードはどこで購入することができるか

iTunesコードとAppleGiftコードの販売元

  • Apple公式サイト
  • kiigo
  • 楽天市場「App Store&iTunesギフトカード認定店」
  • 各携帯電話会社のオンラインショップ ※一部現在購入不可
  • 各コンビニエンスストア・各家電量販店

iTunesコードとAplleGiftコードは、メールなどで送られるデジタルコード版と実物のあるカード版の二種類で販売されています。実店舗では一部取扱いのない店舗もあるので、事前にご確認ください。

カードタイプの固定券種は、1500円。3000円、5000円、10000円で販売されており、バリアブルコードタイプであれば、1000円から10万円までで自分で金額指定できるようになっています。

デジタルコードタイプの固定券種は、3000円、5000円、10000円で販売されており、バリアブルコードタイプであれば、1000円から50万円までと上限金額が高くなっているのが特徴です。
※現在はiTunesギフトコードの販売は停止しており、購入できるのはAppleGiftコードのみとなります。ですが、販売停止前に購入したiTunesギフトコードは残高があるものであれば利用可能となっています。

iTunesコードとAppleGiftコードの使い方

iTunesコードとAppleGiftコードをApple端末で利用する方法

  • 01. Apple公式サイト
  • 02. カードタイプまたはデジタルコードタイプのXから始まるギフトコードを確認
  • 03. AppStoreを開く
  • 04. 人型マークを選択し「ギフトカードまたはコードを使う」をタップ
  • 05. 「カメラで読み取る」もしくは「手動でコードを入力」を選択
  • 06. Xから始まる16桁のギフトコード番号を入力しチャージする
  • 07. AppStoreもしくはAppleStoreで残高を利用して商品を購入

アップル製品以外のAndroidスマートフォンやWindowsパソコンであっても利用することができます。Androidスマートフォンであれば、iTunesアプリをダウンロードしアプリ内でチャージWindowsパソコンであれば、Apple Musicアプリを利用することでチャージすることができますが、Androidの端末でiTunesコードやApple Giftコードの利用はApple Musicのサブスクリプション料金の支払いにしか利用することができません。間違えて購入してしまった場合はこのようにして利用することができますが、Androidユーザーであればアプリ内の購入にも利用できるGooglePlayコードのご購入をおすすめします。

iTunesコードとAppleGiftコードの注意点

それぞれのギフトコードの特徴や利用方法をご紹介させていただきましたが、実際にギフトコードを利用する上での注意点を確認していきましょう。

返品や交換不可

基本的にギフトコードはご購入後の返品や本体の交換はできないようになっています。間違えて購入してしまったといったことがないように、購入前は金額やギフト券種をしっかりと確認しましょう。

Apple IDを取得する必要がある

Apple端末利用している方は既にApple IDを発行されていると思いますが、Android端末でiTunesコードやApple Giftコードを利用する際にもApple IDを取得する必要あり、ます。取得方法は簡単で公式サイトから必要情報を入力し作成します。

Appleギフトカード一覧へ

今すぐ

買取お申込み

   買取キッドお申し込み 買取キッドお問い合わせ